お金を借りる目的に合わせて、大手消費者金融や銀行など、借りれるローンが見つかるサイト!

アイマネー.net

お金を借りるには

赤字でも貸してくれる事業資金とは

投稿日:

『税金を滞納している』『銀行融資を断られた』『ビジネスローンを断られた』『追加融資を断られた』『仕入れ先への支払いが追い付かない』『従業員への給料が払えない』など、資金調達が必要な理由は様々あります。
事業資金を借りたいくらいですから、赤字決算などで経営を立て直したいと思って不動産担保ローンを選択される方は沢山いるでしょう。
ただ金融機関によっては、赤字だと借りれない所と、赤字でも事業計画書の内容次第で融資してくれる所があります。

赤字だと銀行から事業資金は借りれない


銀行では審査基準が厳格なため、人によっては借りづらいと感じられることもあります。
不動産担保ローンにしても、不動産という担保があるにもかかわらず個人の信用情報の比重も大きかったり、事業者の場合年商や設立年数なども重要視されたりします。
銀行が融資する資金は、預金を運用したものですので、万一にでも損益を出す訳にはいきません。したがってより堅実な運用として、一時的にでも赤字決算の会社には貸さないという方針があります。

ノンバンクだと借りれるのは評価基準が違うから

ノンバンク(※)の不動産担保ローンの場合、担保にする不動産の評価を主軸として審査が行われます。したがって決算内容や、会社の設立年数や実績といった面は大目に見られることがよくあります。
これは現在の状況だけではなく事業計画や将来性を積極的に評価するための結果で、スタッフ個人の裁量が大きく、ケースバイケースで個別にきめ細かく対応してくれる中小のノンバンク融資会社によく見られる傾向です。

※ノンバンクとは:銀行のように預金業務を行わず、貸金業務のみを行う金融機関を言います。

赤字でも貸してくれる事業資金はこちら

事業者ローン以外の資金調達とは

事業者ローン以外で資金を得る方法として、『ファクタリング』があります。
融資や借入のような「お金を借りる」ということと非常に似ているのですが、ファクタリングの場合は「売掛金(※)を買い取ってもらう」という内容です。
つまり「ローン・貸金」ではなく、「売掛金の売買」となります。

先にある予定の入金を前倒しするようなものですので、返済の事を考える必要がありません。
なのでカードローンやビジネスローンの審査に落ちた経営者でも利用可能ですし、銀行融資を断られた方や、借入ブラック、信用情報に問題がある方でも売掛金があれば資金調達ができるのです。

※売掛金とは:納品・サービス提供が完了していて既に請求書を出しているが、契約内容や支払いサイドの都合によりまだ入って来ていない現金のこと。

ファクタリングで資金調達を詳しく

-お金を借りるには

Copyright© アイマネー.net , 2017 AllRights Reserved.