お金を借りる目的に合わせて、大手消費者金融や銀行など、借りれるローンが見つかるサイト!

アイマネー.net

お金を借りるには

何にでも使える教育ローンの借り方

投稿日:

教育に関わる費用とひと口に言っても、内容は多岐に渡ります。
一番大きなお金としては入学金や授業料がありますが、受験費用や塾や家庭教師の費用もそうですし、遠方の学校を受験するなら交通費や宿泊費などもかかります。
この他に入学した後もさまざまな費用が必要になります。

奨学金と教育ローンの違い


奨学金には給付型と貸与型があり、貸与型はさらに無利息のものと利息有のものに分かれます。
また教育ローンは資金の使いみちが教育費用に限定されたもので、国の機関である日本政策金融公庫や銀行、信販会社など様々な機関が取り扱っています。
奨学金と教育ローンの大きな違いの一つは、『誰が返済義務を負うか』というものです。奨学金の場合は学生本人、教育ローンの場合は保護者が返済していくことになります。

給付型の奨学金を受けられるならそれに越したことはありませんが、貸与型の利息有の奨学金を借りるなら、教育ローンを借りた方が良い場合もあります。

奨学金の保証制度

奨学金の保証制度は、『機関保証』と『人的保証』のどちらかを選択することができます。
機関保証の場合、連帯保証人は必要ありませんが、保証料を毎月支払わなければなりません。保証料は貸与額やどこの奨学金を受けるかによって変わりますが、例えば月に5万円の奨学金の場合で保証料は月に3千円前後、月に10万円の奨学金の場合、保証料は5千円以上に及びます。

人的保証の場合、別世帯の親戚などに連帯保証人になってもらうのが一般的です。
最近は卒業後に思うように所得が得られず、奨学金が返済できずに困窮しているケースを耳にすることがあると思います。もし自分がこのケースに陥った場合、親族の方に負債が行くことになります。普通の借金の場合、最悪自己破産すれば借金は無くなりますが、連帯保証人がいる場合、相手に迷惑を掛けられず、債務整理したくてもできないという方が多く居るのも事実です。

フリーローンは教育資金に使える!

教育ローンを扱っている機関は色々ありますが、意外と制約が多く、借りれなかったり貸してもらえたとしても金額が足りなかったりすることもあります。

そこで、銀行や大手消費者金融のフリーローンを教育費用に充てるという使い方もあります。
フリーローンは名前の通り資金の使いみちが自由なローンのことです。融資されたお金の使いみちは自由なので、当然教育費用としても使えます。

入学後の支払いにも使える教育ローン

一般的に教育ローンと言えば入学前に支払う入学金や初年度前期の授業料などをカバーしていますが、フリーローンを教育費用に充てる場合なら、入学金や授業料の他にも、入学した後に必要なお金にも使えます。

受験料、遠方に受験に行く際の交通費や宿泊費、一人暮らしをする際の敷金礼金や引っ越し代、制服代、教科書代、資格取得費用、就職活動費用、生活費etc……
受験のための塾代や家庭教師代など、本当に多岐に渡って色々な費用をカバーできますし、借りる時にいちいち理由を述べる必要もありません

給付型の奨学金を受けられるならそれが一番ですが、誰でも受けられる訳ではありませんので、金利がある貸与型の奨学金か教育ローンを検討している方は、フリーローンもお勧めです。

何にでも使える教育ローンはこちら

-お金を借りるには

Copyright© アイマネー.net , 2017 AllRights Reserved.